保育士の求人は何歳でも応募できる

  • 保育士の求人情報を調べる

    • 保育園での保育士求人は10月か11月の時期と、2月から3月の時期によく出ています。
      探すのであればこの時期がチャンスです。


      保育園以外での福祉施設の保育士求人は、試験が夏頃に試験が行われています。



      こちらは求人の数も規模も少なく、非公開であることも多々あるので、自分で積極的に募集が出ていないかどうか探すようにしましょう。

      保育士養成の学校に通っていた場合、求人情報は学校でも得ることができます。

      その他にも一般求人誌、インターネットサイト、ハローワークなどで募集が出ているかどうか見ることができます。さらに見逃せないのが、保育園の掲示板やドア、窓などに貼ってある募集チラシです。働いてみたい施設の外に、募集が出ていないかどうか逐一見てみましょう。
      意外と見つかることが多いです。



      合同説明会に行くのも手です。
      保育や福祉関係の合同説明会が開かれていないかどうかチェックしてください。

      説明会は全国で時折開催されています。

      保育所が公立である場合、正規の職員は公務員という立場になります。


      職に就くためには教養試験や専門試験を受けて合格する必要があります。



      狭き門ではありますが、正規の試験にもし落ちた場合でも諦めず、年が明けたおころに非正規での募集が出ていないかどうか調べてみてください。

      人材が不足している場合、非正規を募集していることが多く、試験ではなく面接のみで採用となります。


      ひとまず非正規で雇ってもらい、試験に再び挑戦するという手もありです。